↓各情報タブをクリックすると各情報がご覧になれます。

  • ごあいさつ・会社概要・シンボルマークについて
  • 会社の歴史
  • アクセス

ごあいさつ

金谷善一郎が1873( 明治6) 年に現在の日光金谷ホテルの前身となる金谷カッテージインを開業してから2013 年で140 周年を迎えました。明治初期の日光にあっては西洋文化に関する情報がほとんどなく、善一郎と従業員らは宿泊する外国人客そのひとたちから情報を得ながら手探りで食事を作り、増加の一途を辿る外国人客の接遇につとめました。二代目金谷眞一は積極的に海外を視察して西洋文化の吸収につとめ、パン食と西洋料理に欠かせない乳製品を自給するための牛舎の設営、全館スチーム暖房の設備、自家発電所の建設、県庁よりも早かった栃木県内で最初の電話開設などなど、常に時代の先端を行く技術を取り入れながら、世界に通用するホスピタリティをもったホテルを日光の地に作り上げました。従業員もひたすらホテル運営のために心を尽くし、ある者はフロントや食堂で接客に、ある者は客室のハウスキーピングや施設・設備のメンテナンスに、そして料理場の担当者達は製パン・調理に職人魂を注ぎ、一心においしいパンと西洋料理を追求し続けました。異文化を排除するのではなく受け入れて理解しようとつとめるとともに、その中でも最高を求め続けた人々の心。ここから今に続く金谷ホテルのパンや料理が生まれ、そして何よりお客様の信頼が確立されたのです。

私たちは歴史ある金谷ホテルの伝統の上に立ち、常に進取の気概を忘れることなく、決してまがい物でない本物の製品だけをお客様にお届けすることが使命であると考えております。日光金谷ホテル伝統の味をお届けする株式会社金谷ホテルベーカリーに、どうぞご期待ください。

代表取締役社長 申橋 弘之

会社概要

商号 株式会社金谷ホテルベーカリー
設立年月 1949年(昭和24年)3月
代表者 代表取締役社長 申橋 弘之
資本金 3,800万円
事業内容 パン・クッキース・洋菓子・冷凍冷蔵食品の製造販売、その他食品の仕入販売
社員数 約140名(パート・アルバイトを含む)
事業所

本社 / 工場 / 直売店

    321-1274 栃木県日光市土沢992-1

    電話(代表)  0288-21-1275  FAX 0288-21-1265
    E-mail: info@kanayahotelbakery.co.jp
   
日光宇都宮道路土沢IC 出口を左折、最初の信号を左折してすぐ。道路沿い左側の白い建物。

  ※ 詳しくは販売店のご案内へ


金谷ホテルベーカリー カテッジイン店( 直営店舗)

    321-1434 日光市本町1-25  電話/FAX  0288-50-1873

   JR日光駅・東武日光駅からバス「田母沢」下車2分
         日光IC降りて神橋方面へ神橋を左手に見て交差点を左折約2分

  
詳しくは販売店のご案内へ

 

東武宇都宮店( 直営店舗)

    320-8560 宇都宮市宮園町5-4 東武百貨店1F 電話/FAX  028-638-1723
   
詳しくは販売店のご案内へ

 

鹿沼店( 直営インストアベーカリー)

    322-0039 栃木県鹿沼市東末広町1073 福田屋鹿沼店1F

    電話/FAX  0289-63-0096

    詳しくは販売店のご案内へ

 

神楽坂店(直営店舗)

    162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2-5 SHKビル1F

   電話  03-5228-3578   FAX    03-6457-5004 
   
 詳しくは販売店のご案内へ

 

上野松坂屋店(直営店舗)

    110-8503 東京都台東区上野2丁目29番5号 松坂屋上野店 地下1階

   電話  03-5826-4956   FAX    03-5826-4956
    
 詳しくは販売店のご案内へ

 

東京営業所  162-0825  東京都新宿区神楽坂3-2 SHKビル2F

    電話 03-6265-0821  FAX 03-6457-5004

    E-mail:tokyo-eigyo@kanayahotelbakery.co.jp

 

金谷ホテルベーカリー道の駅しもつけ店(直営店舗)

   329-0431 下野市薬師寺3720-1 道の駅しもつけ内

   電話  0285-38-8101   FAX    0285-38-8101

     詳しくは販売店のご案内へ


 

金谷ホテルベーカリー道の駅日光店(直営店舗) 

 321-1261 日光市今市719番地1

   電話  0288-25-5255   FAX    0288-25-5255

     詳しくは販売店のご案内へ

 

 

主な部署

営業、製造、品質保証、管理

決算期 年1回 9月
主要取引先 金谷ホテル、金谷ホテル観光、日光物産商会、福田屋百貨店、東武百貨店、三桝屋、高島屋、三越伊勢丹、大丸松坂屋百貨店、株式会社松屋、京王百貨店、そごう・西武、小田急百貨店、丸井、ヨークベニマル、イオン、たいらや北関東、リオン・ドール、千趣会、ロイヤルステージ、シャディー、JFRオンライン、三菱食品、日本アクセス、伊藤忠食品、航空食品、ジャルックス、楽天、JR東日本リテールネット、ネクスコ東日本、メリーチョコレートカムパニー (順不同) ※店舗により取扱品が異なります。

シンボルマークについて

シンボルマーク

シンボルマーク・コンセプト

日光金谷ホテルのマーク「ササリンドウ」を中心にあしらった新しいシンボルマークは、新時代に向かう私たちの姿勢を表したものです。金谷ホテルベーカリーの原点である日光金谷ホテルの歴史に裏付けられた「新しい伝統」を創りだしていくこと、私たちはこうした姿勢を「Neo Classic」と名付けシンボルマークを策定いたしました。

「Neo Classic」とは伝統や歴史のつみ重ねを大切にしつつも、その中で時代に即応した革新を行っていこうとする考え方です。革新のつみ重ねが「伝統」を創る、と私たちは考えています。「伝統」はたんに歴史のつみ重ねではありません。常に前を向き時代の一歩先を歩もうとする積極性が伝統を創りだすものと信じています。かつて明治初期の西洋文化の情報が乏しい中、手探りで西洋文化を積極的に取り入れ今日の金谷ホテルがあるように、私たち金谷ホテルベーカリーも新製品の開発など果敢に新しい試みを取組んでいく所存です。そして日光金谷ホテルの伝統に甘んじることのなく、常に進取の気概をもち、決してまがい物でない本物の製品だけをお客様にお届けすることが使命であると考えております。

これからも私たちは、豊かな自然そして名水の地「日光」において、歴史ある金谷ホテルの伝統の上に立ち「金谷ホテル伝統」の味をお届けしてまいります。

明治初期から続く日光金谷ホテル伝統の味、パン、クッキー、洋菓子、ケーキ、洋食をお届けします。 通信販売サイトはこちらへ

このページのTOPへ